SSブログ
前の8件 | -

Gー手術前記 ケツ毛ジョリー [IPF 間質性肺炎]

DSCF3861.JPGDSCF3896.JPG

アラブの世界では、陰毛処理は当たり前。
とは聞いていたが、どんな感じなのか迄は知らない。

7年前?胆管結石になり、胆嚢摘出手術を受けた。
手術前に陰毛を剃られると噂を聞いたので、事前にお尻の穴の回りも含め必死に毛を剃った。

余りにモジャモジャだと、ひげ剃りも刃が立たない。粗方ハサミでバシバシカット。
もう毛を掴めませんとなってから、ひげ剃り。ひげ剃りは「キレてなーい」のシック製。

お尻の穴の回りの毛を剃ったら、「なんと言う事でしょう」ウンチの世話がチョー楽。
ウォシュレットと相まって完璧。

これからは、老人の身だしなみにケツ毛ジョリー。介護の現場でもケツ毛ジョリー。
入院前にケツ毛ジョリー。退院後にもケツ毛ジョリー。

入院時には?
看護師さんが「あのーお尻のヶ‥‥」「剃ってきました!」「助かりますぅーー」

自慢にもなる。

全く聞こえて来ないが、介護の人も入浴介助にしてもオムツ交換にしても、
お世話する前にケツ毛ジョリー。
お世話をお願いする前に、ケツ毛ジョリー。

日本全国ケツ毛ジョリー。これで、介護の苦労も0.001%ぐらい楽になるかも。

今回も、診察前にケツ毛ジョリー。入院前にもケツ毛ジョリー。手術前にはケツ毛ジョリー済み。

事前の手当ケツ毛ジョリー。 私は声を大にしてお勧めします。 ケツ毛ジョリー
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

Gー手術後記 [IPF 間質性肺炎]

DSCF3926.JPGDSCF3940.JPG

退院後
そう言えば、お尻の穴に刺して入れる軟膏もトイレへ行くたびに入れてた。
トイレから出たら、お尻ふきで綺麗にお尻の穴を拭き上げ、先ず注入。

忘れてたけど、このベビー用おしりふき。
これまた優れもので、赤ん坊だけに使わす手は無い。紙では考えられない程気持ちイイ。
傷にも優しいしね。ただ、水洗に流せないから要注意。

次 そのままトイレからにじり出て、腹ばい。お尻の穴のある谷間にタップリ軟膏。
事前に用意した、テープを貼り付け済みのガーゼを、そっと穴目指し乗せ、テープを貼り付ける。

ガーゼが落っこちない事を確認して、紙パンツを履く。

1日4~6回ぐらい?その繰り返し。暇な老人だからイイけど、働いてたら少しキツいかな。
ガーゼじゃなくて、紙パンツに貼るパッドと言うモノもあるらしいから、
紙パッドをバンバン交換する事にすれば、会社員でも対応出来そう。
社内勤務だったら手術したほうがいいね。

DSCF3967.JPGDSCF3992.JPG

退院後2週間したら、診察。傷の様子を見るだけ。

退院後1ヶ月で再診。これで終了。
実際、この前日には「治った」という実感を得た。不思議なもんだねー。

お尻の穴も、屁か水分か便か、見事に自動制御出来る様に回復してる。
今迄の水っぽい屁というのは、随分ヤバいモノだったみたい。
まる1ヶ月で、紙パンツ生活も終わり。

通常のパンツに替えて、パンツは汚れる事も無く綺麗なまま洗濯へ。


まとめると、
初診 手術前提
翌週 手術日決定
翌々週 手術 4泊5日
退院2週後 再診
退院4週後 再診終了     全行程 手術込みで 2ヶ月

2ヶ月後には、ぐずぐずした尻穴が、嘘の様な尻穴に回帰。
苦しんでる人は、早いとこやるに限るね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

手術からーのブリック大放出 [田舎暮らし]

DSCF3854.JPGDSCF3855.JPG

イラチの奥さん曰くブリックはシオシオだったらしい。

DSCF3857.JPGDSCF3858.JPG

車の音だ!

DSCF3862.JPGDSCF3870.JPG

タダイマー

DSCF3873.JPGDSCF3877.JPG

4泊5日の入院からご帰還

DSCF3878.JPGDSCF3879.JPG

飛びマス飛びマス

DSCF3884.JPGDSCF3897.JPG

いつもより飛んでおります

DSCF3909.JPGDSCF3912.JPG

この犬は、前の家での扱いのせいか、顔を絶対ナメ無い。珍しく遠慮がちに

DSCF3913.JPGDSCF3918.JPG

遠慮するから尚更ヒゲがくすぐったい

DSCF3935.JPGDSCF3944.JPG

頭グリグリしてやろう

DSCF3953.JPGDSCF3960.JPG

お返し?

DSCF3966.JPGDSCF3968.JPG

次はあそべ?

DSCF3970.JPGDSCF3973.JPG

オトーさん犬じゃないから、じゃれ合えないよ

DSCF3979.JPGDSCF3982.JPG

ブリック強くなったって?

DSCF3983.JPGDSCF3984.JPG

イテテイテテ

DSCF3989.JPGDSCF3991.JPG

どぉ?気が済んだ?

DSCF3994.JPGDSCF3996.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

間質性肺炎からーのオフェブからーの手術詳細 2 [IPF 間質性肺炎]

DSCF3840.JPGDSCF3841.JPG

手術翌日、ステント引き抜いて身体も拭いて貰い、紙パンツと名を変えた紙おむつを履いた。

この紙パンツは本当に凄い。昔々私の父が使っていた頃は、赤ん坊用の紙オムツが大きくなっただけ。
ところが、手術前に試し履きしたら、全く普通のパンツと変わらない。
後に分かったが、メーカーによって随分違い、これは極薄というビジネスマンも使えるタイプ。
出張の時なんか、紙パンツの方が使い捨てで便利だ。これまた驚いたねー。

DSCF3843.JPGDSCF3844.JPG

さて、手術をしたから尻の穴には傷があり、糸で縫った跡がある訳なんだけど、
どうもその傷は、殆ど肛門の内側に隠れている様だ。
でも、外用薬という軟膏をタップリ塗ってガーゼで保護する。

「トイレに行ったら、看護師を呼んでまた塗ってもらって下さいねー」

手術の翌日、ステント抜いて動ける様になると、不思議と便意というか、屁が出そうになる。
慌てて点滴を引きずりながら、トイレに駆け込むと屁と共にチョッピリ便。
緩いウォシュレットでお尻を洗い、そっとお尻の穴を拭いても、便が軟らかいから紙も汚れない。
紙パンツを見ると、血液混じりの軟膏がスリ付いている。パンツも代えるか。

綺麗なパンツに履き替えて、腹ばいで看護師さんを呼ぶ。
「すみませーん。ガーゼ貼ってもらえますかー」
看護師さんは軟膏をお尻に塗り、ガーゼをはってくれる。
点滴が付いてるから、一人ではとてもできない。

夕方になり夜勤の看護師に変わった。
トイレに行き、また看護師さんを呼び、「お尻に薬塗って貰えますか?」と頼むとなんと
「自分で塗れないんですか!」
ナニーーー!看護師を呼べと言われたから呼んだのにー。
「塗れるよ。ただ呼べと言われたから呼んだんだ」

イヤイヤ尻に薬を塗った後ガーゼを貼って帰って行った。

DSCF3845.JPGDSCF3846.JPG

後はなんて事は無い。
今回の手術後は、本も読まず寝るに徹して、屁が出る度にお尻の穴をナデナデして、薬を塗り、
点滴の繋がる不自由な手で、工夫をしながらガーゼを貼り、時々看護師さんにガーゼの貼り具合を
チェックしてもらう。

この繰り返しだけで、残りの時間を過ごしていた。

くそー。あの看護師だけはクレームを付けとけば良かった。残念。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

間質性肺炎からーのオフェブからーの手術詳細 1 [IPF 間質性肺炎]

DSCF3833.JPGDSCF3835.JPG

見舞いは必要ないのに、イラチの奥さんが病院へ来た。天気が良いので散歩がてら来たらしい。

で、根掘り葉掘りイラチの奥さんがウルサいので、痔の手術の実況中継。

先ず妻の従姉妹からお見舞いで、紙おむつが4枚?送られてきた。今では紙パンツと言うらしいが、
確かに便利そうだから携帯して入院。

手術前に手術着に着替え、手術用のパンツを着用。これはお尻側に縦にスリットがあり、
手術の時にお尻が開くが、履いてる時は普通のパンツ。

さて、手術台に乗る。横向きのエビの様に背中を丸めお尻を突き出した形に調整。
頭と足が手術用のベッドから飛び出さない様に、言われるままに微調整して静かにしてると、
背中がめくり上げられ、麻酔の注射。これは全然抵抗も痛くも無かった。

麻酔薬が入る感覚すら無く、頃合いを見た医師が尻だか背中だかをツンツンして麻酔完了。

手術はいつ始まるのかなーと考えて待ってたが、気配も感じず、気付くとカチャカチャ音がする。
「もう始まってるのか」と気付いても、様子が分かる手掛かりすら無い。で手術終わり。

「ハイ。手術終わりましたよー」「身体の向き変えますよ-」「ベッドに載せ替えますよー」で
ベッドに載って病室へ。

これで午後2時半。後はひたすら寝て待つだけ。
6時に食事。おもゆに、スープ?牛乳?で食事は一瞬に終わり、また寝る。下半身全く感覚無し。

DSCF3836.JPGDSCF3838.JPG

夜中の12時頃かな?なんとなく嫌な感じ。以前別の手術を受けた時、痛み止めが貰えなかったから、
早めに言っとこうかなー。足には血栓防止のマッサージャーがガッチリ固定。これが段々痛くなって来た。

痛み止めを頼むが中々くれない。大分時間が経ってから1錠。足りるかなー。
次の巡回の時に「足が痛いです。コレ外せますか?」足先を動かして動けばイイらしい。

また次の巡回。足先が動くのを確認して「外して朝回収します」

痛みが増してきたので、また痛み止めを頼むと、次は点滴による痛み止め。
この強すぎるストッキングは脱げませんか?「これは脱がないで下さい」

慢性の痛みの感じを持ちながら、朝食。少し濃いおもゆ、スープ、ミルク。一瞬で食事終わり。

「山岸さん。身体の洗浄をしますよ」「大丈夫ですよ」
有無を言わさず、バサバサと準備をして身体を丸裸にされ、水を掛けながらタオルを使い
瞬く間に身体を拭き上げる。ついでに、尿道に入っていたステントを
「ハイ!」の掛け声と共に一瞬で抜き去る。入れる時は麻酔が効いてたし、抜く時は一瞬。
全然痛いとか騒ぐ程のモノじゃなかった。

昼飯もおもゆか薄いお粥と似た様なモノ。

午後になると、急に楽になり、先生の回診。「痛み止めは十分手当しておいたので大丈夫でしょ?」
「えー痛かったけど、午後になったら急に痛みが消えました」
「24時間は痛み止めが効かないんですよ」「えーー!」

聞いた方が良かったのか、聞かなくて良かったのか微妙。

さらに、お尻に軟膏を塗りガーゼを貼り付け。この時にオムツパンツが大活躍。
軟膏と手術跡から滲み出る血液がガーゼを越えてしみ出し紙パンツに付く。

4枚持って来て足りるかと思ったが、汚れる度に変えてたら、遂に底を突き病院で4枚1セット購入。
4泊5日の手術だけど、10枚持っていれば完璧。かさばるから初めから病院購入も手かな。

つづく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

痔の手術 本番 [IPF 間質性肺炎]

DSCF3800.JPGDSCF3801.JPG

何か察知したのか、イヌが見つめる。

DSCF3803.JPGDSCF3805.JPG

ここの病院は外科系の救急病院でありながら、周囲は山に囲まれ駐車場も広々。
環境抜群。

DSCF3806.JPGDSCF3809.JPG

休憩室は狭いけど、ここでは食事をする事は無く、病室で完全介護。

DSCF3811.JPGDSCF3814.JPG

手術着に着替え、お定まりのポーズを取って、手術待ち。

DSCF3816.JPGDSCF3817.JPG

点滴も打って手術に備えます。

DSCF3819.JPGDSCF3821.JPG

奥さんの写真撮影をして、エレベーターへ。

DSCF3823.JPGDSCF3826.JPG

手術フロアに到着。担当の看護師さんと手術室へ。

DSCF3827.JPGDSCF3831.JPG

じゃあねー、と行ったらすぐ病室。手術開始が13時。
麻酔は、事前の質疑応答で、下半身だけの麻酔に決定。脊椎に注射をして下半身の麻酔。
触られても感じなくなったのを確認後、何やら尻の方から、カチャカチャ音がするだけで、
手術をしてるか全く分からない。
下半身が動かないままストレッチャーに移動して病室へ。

DSCF3830.JPGDSCF3829.JPG

病室に戻ったのが14時20分。1時間半もあれば、痔の手術が出来るんだね。
ヘソから下はまるで自分じゃ無い様な感じ。モモを触ると、肉の塊かマグロでも触っている感じ。
足も全く動かないが、エアーマッサージャーの様なモノが足にはめられ、一晩中動かし続けていた。
という感じで、手術は極めて簡単。後は治るのを待つのみ。でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

今日はなんの日? [IPF 間質性肺炎]

DSCF3789.JPGDSCF3790.JPG

オフェブを飲むと付きものの便問題。オフェブと付き合いもう3年?
ある日突然便失禁が始まったので、通院。「手術しましょ」
で、明日入院。

DSCF3792.JPGDSCF3793.JPG

入院セットを引っ張り出して、何持って行けばイイんだっけ。
思案してると、イヌが邪魔する。

DSCF3795.JPGDSCF3797.JPG

相手をしてやりながら、忘れ物が無い様に。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

今年の初シャケ [アレルギー]

DSCF3758.JPGDSCF3761.JPG

去年の冬、シャケの燻製を20キロ加工して、冷凍保存。そのシャケもそろそろ終わりが近付いた。
今年の冬は、身体がどうしても動かず、最適期はやり過ごし、4月最期の寒気を狙って燻製作業。
三晩か4日か掛けて燻煙作業が終わった。

DSCF3763.JPGDSCF3770.JPG

燻煙箱、道具を片付けて来年に備える。
イヌはオヤジが動くので上機嫌。

DSCF3773.JPGDSCF3774.JPG

ブリックはキチンと足を拭かなきゃ入っちゃダメ。足拭いてね。

DSCF3775.JPGDSCF3776.JPG

気温が高い中、燻煙温度は問題無い様だな。
コロナ禍の出荷調整のせいで、普段なら10キロに7~9本だけど、今回は6本しか入ってない。
だから、身が厚くもの凄く大きい。燻煙も火が通りながらも、45℃を越えない様に温度管理が大変。

DSCF3779.JPGDSCF3781.JPG

尾のホネの無い部分が、燻煙の目安になる。この照り具合ならバッチリ。

DSCF3784.JPGDSCF3786.JPG

今日の仕事はここまで。さて、冷凍保存するのに、どんな形態で保存しようか。
何やら思案しているオヤジを、見つめるイヌ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の8件 | -